ひでぞー親子のα700・α100日記

アクセスカウンタ

zoom RSS α700 −1ヶ月−

<<   作成日時 : 2007/12/13 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この日は朝から
志賀島の金印公園へ行き、
「それじゃ、次は本物の『金印』を見に行こう!」
ということで、福岡市博物館へと向かいました。

館内はもちろん撮影禁止なので写真はありませんが
国宝中の国宝、金印をしっかりと拝んできました。


それから、天神で昼食&お買い物 の後、
夕方になって太宰府へ移動しました。



太宰府に着いたのは
夕方の5時少し前くらいだったので
もう、かなり暗くなりかけていました。





【ひでぞー撮影】

画像


SONY α700 + TAMRON 28-75mm F2.8(Model A09)
35mm F10.0  1/20秒  ISO 400










【息子撮影】

画像


SONY α100 + DT 18-70mm F3.5-5.6
70mm F5.6  1/80秒  ISO 400










【ひでぞー撮影】

画像


SONY α700 + TAMRON 28-75mm F2.8(Model A09)
40mm F4.5  1/30秒  ISO 1600










【息子撮影】

画像


SONY α100 + DT 18-70mm F3.5-5.6
18mm F3.5  1/4000秒  ISO 400










【ひでぞー撮影】

画像


SONY α700 + TAMRON 28-75mm F2.8(Model A09)
75mm F3.2  1/40秒  ISO 800










【息子撮影】

画像


SONY α100 + DT 18-70mm F3.5-5.6
18mm F3.5  1/6秒  ISO 400




境内の茶屋で食べた「梅ヶ枝餅」、美味しかったです。










さて、α700ですが
発売開始日に購入し、1ヶ月ちょっとが過ぎました。

この間使ってみて、それまで使っていたα100と比べて
自分なりに気づいた点を書いてみようと思います。



@AF

AF速度については、これまでのところ
それ程シビアな条件での撮影がないため
何とも言えないのですが、先日、子供を走らせて
AF-Cで連写したところ
スタートから目の前を走り抜けて背中を追うまで
全てほぼジャスピンで撮れました。
連写も、体感としては全く滞ることなく
スムーズにシャッターが切れました。
これは結構すごいことだと思います(α100と比較して)。
α100では、運動会の短距離走をAF-Cで連写していたら、
ゴール手前でピントをはずし、それからピントが合わず
シャッターも切れず、ゴールの瞬間が撮れなかった、
という痛恨事があり、買い換えの動機の1つになりました。
自分の使い方では、動体といっても
せいぜい子供が走る程度ですから
これくらいの動体性能があれば十分です。

余談ですが、AFの問題ではなくCFの転送速度の問題で
時々連写が滞ることがあるので、やはり連写用には
高速のCFが欲しいなあ、と思ったりしております。

AFの精度については、もちろん何の問題も感じません。



AAE

α100はどちらかというとアンダーに撮れることが多かったのですが
α700のほうはやや明るく写る傾向があるように思います。
α100で撮った写真をプリントアウトすると、
(モニター上ではそれ程でもなかったのに)
かなり暗い写真になり印刷し直すことが時々ありました。
これはモニターのキャリブレーションができてないことも大きいのですが、
デフォルトで少し明るめのα700のほうがその点では失敗が少ないです。



Bファインダー

これは劇的に良くなりました!
ペンタプリズムのファインダーなるものがこんなに見やすいとは
知りませんでした。
時々、息子に譲ったα100のファインダーを覗くと、
「よくこれで撮ってたなあ」などと思ってしまいます。
MFのピントもかなりの精度で合わせられるようになりました。
スクリーン交換もちょっと興味があるのですが、
現状のファインダーで十分に見やすいので
当分はそのままでいこうと思います。



C画質

何となくなんですが、
写りに「余裕」があるなあ、という感じがしています。
初心者なのでただほんとに「何となく」なのですが。

いろんな条件で撮っても、それなりに
きれいに撮れているって感じです。
α100でも、(通常感度では)画質に関して
大きな不満はなかったのですが。
α700で撮った夕景などでは、
暗い海面でも階調を保って微妙な陰影を
きちんと写せてるなあ、と思います。

高感度時の画質ですが、
α100との比較でいうと、それは正直
「雲泥の差」
です。
普通の撮影なら、ISO800くらいまでは
気にせず使えると思います。
ただこれについてはαSDやα-7Dを使ってらっしゃる方では
それほど良くなってない、という声もあるようで
やはり、画素数と高感度画質のバランスというのは
なかなか微妙なもんだなあとも思います。
デジイチにとっての(いろんなバランスを考慮した)
適正画素数はどれくらいなのか・・・
私のような経験の浅い者にはちょっと難しいです。

いずれにしても、
「αは高感度画質が悪い」
と言われることは当分はないくらいのレベルには
達しているのではないでしょうか。
α100であれだけ(うんざりするほど)叩かれたところなので
ユーザーとしては精神衛生上もありがたいことです。

高感度の使い方ですが、
夜景などでほんとに真っ暗なところでは
やはり結構なノイズは出るので
それなりに光が当たっているところなど
条件を選べば、大きな不満はないのではないかと思います。
日中、風が強い日に花を撮るなど
SSを稼ぎたいときなどは躊躇せず高感度にしています。



DDRO

この機能、実はほとんど使えてません。
多くの方々が高く評価しているところなので
うまく使いこなしたいのですが。

以前、サポートにメールで問い合わせたり
ショールームに見学に行ったとき質問したのですが、
DROについては、カメラ側ではoffでRAW撮影し
あとで同梱の現像ソフトを使ってやったほうが
自由度が高い、とのことでした。
ですから、撮影時はDROはoffにしています。
時々、「これ」という写真では
ソフトでDROをかけてみたりするのですが、
いまいち期待したような出来映えになりません。

普段、Silkypixで現像することが多く、
明暗差がある写真では、
現像時に全体の露出をプラス補正し
Silkypixの「ダイナミックレンジ拡張」を使って
明るいところの階調を復活させる、という方法のほうが
慣れているせいもあるのか、いまのところ
期待通りの結果を得やすいです。





以上、1ヶ月使ってみての感想を書いてみました。
内容的におかしいところもあるかと思いますが
初心者の戯言として何卒お許し下さい。


長文にお付き合い下さり
ありがとうございます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもとても参考になりますー。
はやく欲しいのですが...うーむ(泣
nni
2007/12/13 02:55
nniさん、こんにちは。
私なんかの駄文を読んでいただき
恐縮です。
α700ですが、
α100から乗り換えの価値は
十分にあったと感じています。
いまのところ、大満足です。
ひでぞー
2007/12/13 17:46
こんばんは。
感じるところの基本部分はほぼ同感ですね。
多少、α100とα-7Dも違いがありますのでそこら辺で
違いが生じますが・・・。α-7Dの基本部分は確かに
素晴らしいと思いますが、α700を触った今では
軽快という意味からも使い心地が良くなって
きています。確かに不便な面、出てくる画の面、
一長一短、ありますが総合的にはもう、メイン機は
α700ですね(笑)。
westbell
2007/12/16 00:12
westbellさん、こんにちは。
α-7Dは一度も触ったことがないのですが
総合的にバランスの取れたカメラなんだろうな、
と思っています。
両方をお持ちで「メイン機はα700」とのこと、
やっぱり何だか嬉しいですね。
自分はα100からの乗り換えで、
「中級機」といわれるカメラは初体験なので
ファインダーの見やすさその他、
とても満足しています。
ひでぞー
2007/12/16 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
α700 −1ヶ月− ひでぞー親子のα700・α100日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる